HOME > 今週のワンポイントレッスン

今週のワンポイントレッスン

11月9日 土曜サークル

__ 2.JPG__ 2.JPG
写真はアドバンスラテンのチャチャチャです。

☆ベーシック スタンダード
 スローフォックストロット

 男子と女子のステップをシャドーで練習しました。ナチュラルテレマークの男子1~3歩の回転角度とその踊り方について、またその時女子はどのようにフォローするか、について練習しました。

7月6日 土曜サークル

☆ベーシック・スタンダード☆

 

ワルツ

 

本日は、皆様があまり使わないステップのカービング・スリーステップをしました。

はじめての割には皆様上手にできていますが、まだスムーズには身体が運べていません。

挑戦しながらスムーズになるように心がけてください。

 

担当 篠田圭吾 ・若林亜紀

 

☆ベーシック・ラテン☆

 

ルンバ

 

 

 

 

 

 

 

担当 西恭平・木嶋友美

☆アドバンス・ラテン☆

 

サンバ

 

今日は復習と、新しいステップをやりました。

プロムナードランからピポットではクローズドポジションにしてからまわりましょう。

 

 

担当 篠田沙代子・山本武志

 

 

☆アドバンス・スタンダード☆

 

スロー・フォックストロット

 

 今日は先週のステップの復習をしました。

シャッセ・ロール~スピンのところは、踊っていく方向や内回り・外回りの関係を意識しながら

踊ってみましょうsign01

ホールド・姿勢も崩れない様に気をつけましょうsign03

 

 

担当 松山忍・篠田有希


7月6日 土曜サークル

☆ベーシック・スタンダード☆

 

本日は、皆様があまり使わないステップのカービング・スリーステップをしました。

はじめての割には皆様上手にできていますがまだスムーズには身体が運べていません。

挑戦しながらスムーズになるように心がけてください。

 

☆ベーシック・ラテン☆

☆アドバンス・ラテン☆

今日は復習と、新しいステップをやりました。

プロムナードランからピポットではクローズドポジションにしてからまわりましょう。

担当 沙代子 山本

☆アドバンス・スタンダード☆

 


4/20

土曜サークル 4/6

☆ベーシックスタンダード☆

本日は、ちょっとチェイスのステップを追加しました。

ゆっくりステップの確認をしているときには、

上手にできているのですが音楽に合わせると女性と入れ替わろうと

男性が頑張りすぎてしてしまい、その結果 男性自身の身体の回転が少なくなり、

女性と踊る時に上手に入れ替われませんので気をつけましょう。

 

             (圭吾&亜紀)

 

 

 

☆ベーシックラテン☆

 

今日は&カウントでヒップを使いセトルする事をやりました。

沢山使うところがありますので、ゆっくり確認してみてください。

☆アドバンスラテン☆

今日は、ボディーを先に使って、後から脚が動くと踊りにめりはりが出来ることをやりました。

  

 

☆アドバンススタンダード☆

今日はランニングフェザーのステップから復習しました。

ランや回転をするときは、バランスが崩れないように姿勢とホールドに気をつけましょう!

移動するときは、進む方向の一番遠いところから意識して進めてみましょう!

                   (恭平&有希)


ノーマルは、最高の褒め言葉

tulipダンスしている姿がノーマルに見える、と言われたら かなりダンスが上手いということです。

動作がスムースでレッグアクションやアームそして、バックの動きが 良いタイミィングでコーディネイトされているとき、踊りはスマートで自然に見えます。





3月30日 土曜サークル

       ☆ベーシックスタンダード
                     
                     担当 篠田圭吾・若林亜紀

圭吾&亜紀.jpgのサムネール画像のサムネール画像
今日は、先週までの復習をしました。

コントラチェックは、前にのめってしまうと次のPPになる

のが遅れてしまいます。チェックですので男性はバラ

ンスが前にいきすぎないように、

女性は、チェックの時に右足のヒールは床につけず、

バックバランスにならないように注意しましょう。






















         ☆ベーシックラテン
                  
                      担当 篠田沙代子・山本武志

IMG00225-1.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像















         ☆アドバンスラテン
                     
                                                   担当 松山忍・木嶋友美

__.jpgのサムネール画像のサムネール画像


















        
              ☆アドバンススタンダード

                                                  担当 篠田有希・西恭平

アドバンス ゆききょ.jpg

 今回は、リバース(左)回転をするときの男女の位置関係をテーマに練習しました。

 (左回転時)お互いに相手の右サイドにいる為には、
女子は積極的に男子は女子の後を追いかける
ような感覚で踊ることが大切です。

 また、クイック・オープン・リバースのカウントが変更されましたのでご注意ください。

 それでは、また来週よろしくお願いします(^<^)/








3月23日 土曜サークル

              ☆ベーシック・スタンダード

             

                 担当      篠田圭吾・若林亜紀

圭吾&亜紀.jpgのサムネール画像

  

 

   身体を動かす為のリズム体操をして身体が温まったところで、タンゴのステップを増やしました。

   普段あまり使わないフォー・ステップ・チェンジなどのステップを今回少し入れてみました。

    練習してみてください。ステップの覚え方は皆さま早くなってきています。

      それと同時に姿勢を崩さないように心がけてください。

 

                 ☆ベーシック・ラテン☆

             

             担当      山本 武志・篠田沙代子

IMG00225-1.jpgのサムネール画像のサムネール画像

                 今日は前回に続きチャチャチャをやりました。

             前回までの復習とその後のステップを細かく指導しました。

        ・ナチュラル・トップの変形とクローズドヒップツウィストからのスパイラルは

                  女性はスパイラルアクションでした。

            ・ニューヨークではしっかりと内転筋を意識しておどりましょう。

                

       

                 ☆アドバンス・ラテン☆

__.jpgのサムネール画像

                      

                   

                担当  松山 忍・木嶋友美

オープニングアウトで女性は開かずに後退しましょう。男性も足首を使ってしっかりとリードしましょう。

ランジのときに、男性はサポーティングフットが緩まないように気をつけましょう。

女性はボディのなかにレジストを作るようにしましょう。そうすると、柔らかくコネクションできます。

 

 

 

 

             ☆アドバンススタンダード

           

                  担当 西 恭平・篠田 有希

  

アドバンス ゆききょ.jpgのサムネール画像のサムネール画像

   今日は、フォーラウエイ・ホイスクから復習をし、アウト・サイド・チェンジまで進みました。

 回転をしたり、ピクチャー・ポイズを踊る時、ホールドが崩れやすくなるので気をつけましょう!

 アウト・サイド・チェンジの3歩目は、PPにならない様に気をつけましょう!

 背中が丸くならないように姿勢に注意しましょう!


☆3月16日☆

ベーシックスタンダード<篠田圭吾・若林亜紀>
圭吾&亜紀.jpg
リズム体操とタンゴをやりました。
皆さん大きく動けるようになってきたのですが、ステップに気を取られてコントロールができていない時がありますので、注意しましょう!

ベーシックラテン<篠田沙代子・山本武志>
&カウントでヒップを使う練習をしました。
キューバンブレークのときには内転筋をしっかり意識しましょう。

アドバンスラテン<松山忍・木嶋友美>
__.jpg
男性はロンデする足を無理に速く回さず、サポーティングフットを使い次のステップに繋がるように踊りましょう。最後のオープニング・アウトでは、女性はホールドをうまく滑らせてスムーズに手を組むよう心掛けて下さい!

アドバンススタンダード<西恭平・木嶋友美(代行)>
恭平&友美.jpg
ダブルリバーススピンのときに男性は右手を ぎゅっwobbly としないで下さい。
クイックオープンリバースなどの&ビートが入るステップでは、カウントにとらわれ過ぎてボディが止まってしまうので、ワンスイングで踊るように意識しましょう。



1

アーカイブ

このページのトップへ